ダイソーのスマホ用液晶保護ガラスは何枚あっても良い

ダイソー 保護フィルム

スマホの保護フィルムは画面の汚れやひび割れから守るために多くの人が使っている欠かせないアイテムですよね。

いまでこそ低価格のものやガラスタイプ、ブルーライトカットなど種類もたくさんあります。

どんな種類が欲しいか決まっていればあとは値段なんですが。

私はダイソーで出会うまで他といろいろ比べてネットで2枚入りを買ったりしていたけど落としたら割とすぐ割れるのでその度に注文するのがなんだか億劫に...(落としすぎなだけ)

それにしてもスマホの画面を守ってくれる保護フィルムは何枚あっても困らない。

それにどれもほとんど変わらないということに気づいたので今回ダイソーの100円で購入できる保護フィルムにしてみました。

良く落としてしまう人や私みたいにどれもだいたい同じだと思っている人はダイソーの保護フィルムを試してほしい。

液晶保護ガラス(iphone11 Pro/XS/X)

種類も豊富にありましたが衝撃に強いガラスフィルムにしました。

前のスマホで画面にかなりのヒビが入ってダメにしたことがあるんだけどガラスフィルムに替えてから落としても画面が割れることがなくなりました。

画面は綺麗なままでフィルムのガラスだけが割れて画面を守ってくれます。

ブルーライトカット

なんとブルーライトカット!(約41%カット)

ブルーライトカットは初めて使いますが若干ガラスがブルーっぽくも見えるけど画面が暗く使用していないときだけです。

使用中は画面も綺麗にそのまんま映し出されます。

ラウンドエッジ加工

フィルムの縁は若干カーブしています。

ガラスフィルムって厚みがあるけどラウンドエッジ加工によってにフィルムと画面の境い目が滑らかに感じます。

スムーズタッチ加工

以前使っていたものよりはるかにスムーズにスワイプできている印象です。

そこにあまりこだわりはないけど違いを感じるぐらいのスムーズさで良いと思います。

付属しているもの(WETシートとDRYシート)

2種類のシートが付属されています。

・WET(アルコールシート)

・DRY(ほこり除去シート)

汚れやほこりをこの2種類のシートで拭き取ってから貼り付けます。

※WETのはずがなぜか両方乾いていた‼︎

フィルムをスマホに貼るまで安全な梱包

パッケージもしっかりしているけどミラーマットに入った上に更に厚紙に挟まれています。

安心して買える商品です。

スマホへ簡単に貼れる

ガラスフィルムは硬さがあるから貼るのもスムーズ。

気泡が入りにくい

付属のシートで綺麗にホコリを取ったら画面に合わせて乗せるだけでキレイに貼れました。

気泡も入りません。

もし入った場合は上から軽く押し出すだけで簡単にキレイになります。

フィルム比較(ダイソーVS ネットで買ったもの)

 

・フィルムデザイン(貼りやすさはWinダイソー)

ダイソーはフロントスピーカーとフロントカメラの黒い部分があらかじめカットされているので貼りやすい。

対してネット購入品はスピーカーの穴に合わせてあるタイプなので貼りにくいけど見た目はスマート。

あまり気にする場所ではないけどこだわりたい人にはダイソーのフィルムは不向き。

※何度も替えてたらどーでもよくなる

・タッチがスムーズ(Winダイソー)

・ブルーライトカットが100円(Winダイソー)

・ラウンドエッジ(好みだけどWinダイソー)

・値段(Winダイソー)

100円で他に負けない高機能。

おすすめの保護フィルムです。

© 2021 Peaceful Days